読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オオヤマレンゲ栽培について

落葉拾いを行う。

以前から迷っている事があるのだが、薬用植物園で展示されていない区域のオオヤマレンゲは、退職した当園の職員が好んでいたため記念樹として上司が栽培しはじめたという。オオヤマレンゲは接ぎ木されており、このまま不要となった台木のコブシを切らずなければ、穂木のオオヤマレンゲが枯れてしまう。しかし上司が個人的に栽培しているため、どうしたものか思案している。

以前これと同じ事態が展示されているオオヤマレンゲにも起こり、今では園内で3本目のコブシとなってしまった。

f:id:minocororin:20161013092505j:plain

 

f:id:minocororin:20161013124222j:plain