読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花壇の枠交換2日目

昨日は花壇の枠の交換の続きを行う。

枠の材木自体は問題なく製材されてあるのだが、杭の太さが材木の穴の太さと全く同じらしく、杭を穴に貫通させることが困難で、地中に打ち込むことができないのだ。

そういえば昨年の冬、杭の太さよりも大きめにドリルで穴を開けていた仕事をしていたことを思い出し、その原理で、杭の太さと、穴の太さは数mmの余裕がなければならないことがわかった。