農耕用けん引試験

運転免許試験場で行われた農耕用けん引の試験の受験者は12人中10人が合格で、

合格した農家の受講者は帰り際、「(農業試験場あてに)アスパラば送るけん。」と講師に告げ私にこぶしを見せたり、またある農家の方は「お先にごめんね。」とねぎらわれたりされた。

10人中2人が失格で、私は脱輪、もうお1人は踏切の一時停止なしという事で、私の場合、日頃けん引しない技術的な問題が原因と思われる。

農家の受講者の方々は「農家に嫁いで良かたい。」と言われたが、できれば畜産農家はさけたいものである。

けん引技術を習得して近いうち再度挑戦したい。

f:id:minocororin:20170721141450j:plain

正直どの辺りで脱輪させたかははっきりしないのだが、写真で見る限り左に寄せ過ぎたこの辺りではなかろうかと思われる。

f:id:minocororin:20170721141935j:plain

一度でも脱輪させると即刻試験中止となる。

…この後待機所で、私よりショックを受けた講師により、ヘルメットの上から頭を叩かれ、どの辺りで脱輪させたか等の取り調べが行われる事となる…。

その後同情した受験者から、飲み物をごちそうしていただいたのだった。