読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風12号長崎接近と警備員との会話

雨が多いと思ったらまた台風が長崎に接近してきたということで、先週金曜日には台風対策をした。
今日は休みになるはずであったが、大したことはなかったので仕事であった。

植物園を開けると警備員に、「台風で植物園のものらしい大木が折れて道に落ちていたらしいので、脇にやったらしいですよ。」と言われた。私は「植物園のカレンボクです。すみません。」と言い、木を撤去した。

今年の初夏頃、警備員室の浴室がこわれているという情報を得ていたので、「その後浴室は治りましたか。」と尋ねたところ、「いやぁ…言うてもおらんし、我々が言うても聞いてもらえんです…。」と言われた。「私も同じ(経験あります)ですが、一度言われてみたら。」と言うと、「いやぁ…もう他の所で借りようと思って…」という返事だった。言わなければいつまでたっても治らない訳だと思い、もう一度「言うだけでも言われたら。」と言ったのだった。