アキグミの仕事

昨日の続きの仕事で、山のようなアキグミの切ったものを処分するためにごみ袋に入る大きさに切り廃棄した。